米国株とJリートでFIRE

必見!FIREを目指す方。資産運用のノウハウ(たぶん有料級)を公開します。

1日1回どれか一つポチをお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

資産運用:敵対的TOBは儲けるチャンスがいっぱい!(準有料級)

f:id:shiseikun:20210906205621p:plain

 アメリカの資産運用会社スターウッド・キャピタル・グループは2021年4月2日、東京証券取引所に上場するインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人の全投資口(株式)を取得すると発表しました。Jリート(不動産投資信託)史上初となる、敵対的TOB(株式公開買い付け)の始まりでした。
今回は、私がこの敵対的TOBにどのように対応し、利益を得たかを紹介します。

1.TOBの経緯と対応。

・2021/4/7
スターウッド・キャピタル・グループ(以下、スターウッドG)がインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(以下、インベスコJ)の投資口公開買付を正式発表。公開買付価格は20,000円。

・・・私は過去にアコーディアゴルフの株式だったと思うのですが、敵対的TOBを仕掛けられた後、株価が急騰したのをよいことにさっさと株式を売却してしまいました。そのため、その後の買収阻止の動き(焦土作戦)などによる利益を得ることができず、悔しい思いをした記憶があります。その経験から、今回のインベスコJについては、じっと我慢することに決めました。

・2021/05/06
インベスコJがスターウッドGによるTOBに反対表明、スポンサーグループへ投資口買付を要請 。
・2021/05/10
スターウッドGがインベスコJの公開買付価格を21,750円へ変更。
・・・ここで面白いことが起こったのです。図.1に示すように、投資口価格が20,000円を切って、下がってきたのです。TOB買い取り価格が21,750円に決まっているので有り得ないことだと思うのですが、理由は分かりません。しかし、これはチャンスだと思い、1,000万円強を搔き集め、3日に分けてインベスコJを購入しました。

・2021/05/20
インベスコグループ(インベスコG)がインベスコJの投資口公開買付を提案。公開買付価格は22,500円。
・・・今度はインベスコJのスポンサーであるインベスコGが22,500円でTOBを仕掛けてきたために、価格が急騰。私は、以前からの保有分と今回購入分すべてを売却しました。今回購入分の利益だけで税込み170万円ほどありました。(本当は、インベスコGの公開買い付けがなければ、あと300万円ほど追加購入する予定でしたが、これは致し方ありません。)

f:id:shiseikun:20210906222927p:plain
図.1 インベスコJの投資口価格の推移(2021年5月)

その後は、以下のとおりです。

・2021/06/01
スターウッドGがインベスコJの公開買付価格を22,500円に変更。
・2021/06/11
インベスコGがインベスコJの投資口公開買付の提案書を修正、公開買付価格を22,750円に変更。
・2021/07/28
インベスコGによるインベスコJの投資口公開買付が成立。

2.まとめ。

 今回の敵対的TOBでは、以下の対応が有効でした。
①TOBが発表され、価格が急騰しても、保有投資口(株式)をすぐに売却しない。
②TOB価格よりも大幅に投資口価格が下落した時、買い向かえば利益を得るチャンスとなる。
参考としてください。

<余談>
 一旦、TOBに応じても、TOBの期限前であれば、キャンセルできるんですね。初めて知りました。こちらもご参考まで。

*なお、上記の方法は自分の経験を述べたもので、これから必ず儲かるかどうかは分かりません。投資は自己責任でお願いします。

モチベーション維持のため、どれか一つポチをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ