米国株とJリートでFIRE

必見!FIREを目指す方。資産運用のノウハウ(たぶん有料級)を公開します。

1日1回どれか一つポチをお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

ちょっといい話:中川家の対応が神すぎる!(ネタが古いですが。)

f:id:shiseikun:20211226083340p:plain

 FIREまで、あと55日です。

 さて、FB(フェイスブック)を見ていると、「ちょっと ええやん!!」という投稿の中で、「お笑いライブ中に泣いてしまった親子に対して、中川家(漫才師)の2人がとった行動が素晴らしい!」というものがあり、中身を読んでいると、思わず涙が出てきたので、紹介したいと思います。

2017年に起こったことで、Twitterを中心に広く拡散されているので、ご存じの方は読み飛ばしてください。

以下の詳細は、ネットで調べたものです。

 「中川家」がライブイベントのステージに出演しているときに、前方の客席で赤ちゃんが泣き始めてしまったそうです。気まずくなった父親は赤ちゃんを連れて退席しようとしたところに、中川家の弟・礼二さんから
「出て行かなくていい。そんな良い席なのに。赤ちゃんは泣くのが仕事」と声をかけられました。
更に、(子どもを預かり)抱っこして、「ねぇ、今日(お客さん)いっぱいやねぇ」と言うと、エラい受けたそうです。
兄の剛さんも、すかさず動物の鳴きまねをすると、赤ちゃんはニコッと笑い、泣きやんだそうです。

 ネットでは、「中川家さんの神対応感動しました」、「お父さんも赤ちゃんも絶対うれしかったと思います」「世の中こんくらい余裕が欲しいよね」といった賞賛の声に溢れていました。


 私も若かったころは、家内が抱っこした赤ちゃんが電車やバスなど公共の場で泣いてしまうと、気まずい気持ちになったものです。
その時の経験があるので、今では、赤ちゃんが泣いていても、全然気になりませんし、そばにいる若い夫婦を助けてあげたいという気持ちのほうが強く出てきます。
まっとうな子育てを経験された方であれば、誰もが抱く気持ちだと思います。
そういう意味で、

 中川家は一流の漫才師であると共に、人間としても一流だと思います。

 今回は、私にとっては新鮮なネタですが、多くの方にとっては古いネタかもしれません。ただ、私が知らなかったということは、まだ、知らないという方も多くいると思い、ブログにアップさせていただきました。

 ご参考まで。



・・・「至誠さん、中川家の話は本当にいい話だね!」

・・・「そう思うだろ!」




モチベーション維持のため、どれか一つポチをお願いします。 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

*なお、上記の方法は自分の経験を述べたもので、これから必ず儲かるかどうかは分かりません。投資は自己責任でお願いします。