1日1回バナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

Jリートによる「負け犬戦法」(3) インフラファンドと組み合わせると分配金増加!


 前回は、毎月、安定した分配金が得られるJリートによる「負け犬戦法」を紹介しました。
方法は、決算月の異なり、かつ、分配金利回り(%)の高い上位1銘柄を購入します。
純粋なJリートの「負け犬戦法」と比較すると分配金は若干落ちますが、約120万円の
資金で年間5%程度の分配金(税抜き)を得ることができます。

具体的な銘柄は、以下のとおりとなります。

 ①東海道リート投資法人(2989)  5.57% 1/7月(決算期)
 ②ザイマックス・リート投資法人(3488)  5.50%  2/8月
 ③ケネディ商業リート投資法人(3453) 4.71% 3/9月
 ④トーセイ・リート投資法人(3451)  5.31% 4/10月
 ⑤アクティビア・プロパティーズ投資法人(3279) 4.44% 5/11月
 ⑥マリモ地方創生リート投資法人(3470)  5.53% 6/12月



今回は、毎月、安定した分配金が得られ、かつ、更に分配金が大きくなる方法です。

結論から言うと、インフラファンドと組み合わせます。


1.まず、現在のインフラファンドの状況です。

・インフラファンド指数は、図.1に示すとおり、2月末に底を打ち、現在は1105~1120のボックス圏で推移しています。

  図.1 東証インフラファンド指数


2.また、ほとんどのインフラファンドの分配金利回り(%)は、6%を超えており、高分配金銘柄となっています。

  表.1 インフラファンドの分配金利回り(%)  (2022年4月21日)

 

3.それでは、毎月、安定した分配金が得られるJリートによる「負け犬戦法」の銘柄に、インフラファンドを混ぜてみましょう。

具体的な銘柄は、以下のとおりとなります。
(下線の付いた銘柄が入れ替わった銘柄です。)

 ①日本再生可能エネルギー投資法人(9283)  6.19% 1/7月(決算期)
 ②ザイマックス・リート投資法人(3488)  5.50%  2/8月
 ③ケネディ商業リート投資法人(3453) 4.71% 3/9月
 ④トーセイ・リート投資法人(3451)  5.31% 4/10月
 ⑤エネクス・インフラ投資法人(9286) 6.59% 5/11月
 ⑥東京インフラ・エネルギー投資法人(9287)  6.34% 6/12月


この結果、毎月、安定した分配金が得られ、かつ、年間の分配金利回りが6%近くになるという「お金のなる木」が完成しました。最低投資額は、80万円強となります。



いかがでしょうか?




インフラファンドについて、将来に不安を覚えている人もいるので、最後に紹介させていただきました。
ただし、日本国内で、6%の分配金を得る投資というのはなかなか無いので、余裕資金の範囲内で、一度、チャレンジされることをお勧めします。


ご参考まで。




・・・「至誠さん、これは今やっている戦法だね!」

・・・「FIREした人にとっては、この方法が最強だと思うよ(^^♪ 」




*1日1回バナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

*なお、上記の方法は自分の経験を述べたもので、これから必ず儲かるかどうかは分かりません。投資は自己責任でお願いします。