米国株とJリートでFIRE

必見!FIREを目指す方。資産運用のノウハウ(たぶん有料級)を公開します。

1日1回どれか一つポチをお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

資産運用:東証REIT指数、2カ月半ぶり安値 増資で需給悪化懸念・・・で、どうする?

f:id:shiseikun:20210815005423p:plain

2021年8月23日21:24 日経新聞Web版に以下の記事が掲載されていました。

「 不動産投資信託(REIT)の値動きが軟調だ。23日の東京市場で総合的な値動きを示す東証REIT指数は前週末比29ポイント(1%)安の2094.86と、約2か月半ぶりの安値を付けた。海外ではインフレ下で価格上昇が見込める資産として資金流入が続くが、国内では公募増資の増加による需給悪化を嫌気した売りが出ている。f:id:shiseikun:20210824161711p:plain    
 この日は東証に上場するREIT62銘柄のうち61銘柄が下落するほぼ全面安の展開となった。下落率の大きい銘柄を見ると、ヘルスケア&メディカル投資法人が4%安、森トラスト・ホテルリート投資法人平和不動産リート投資法人が3%安と、幅広いセクターに売りが広がった。
 8月以降の騰落率を見ると、世界のREITの値動きを示すS&P先進国REIT指数(配当込み)が0.3%安と底堅く推移する中、東証REIT指数は3%安と下落が目立つ。背景にあるのは需給悪化に対する警戒感だ。
8月2日にイオンリート投資法人、18日に大和ハウスリート投資法人が公募増資を発表した。増資で投資口数が増えると1口当たりの価値が下がるため既存投資家には嫌気されやすい。「8月以降は大型銘柄で増資が増えており、市場全体で増資が増えるとの懸念が広がった」(しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹運用本部長)

      (以下、省略)  」

私は、魔法の水晶玉を持っていないので、Jリートの投資口価格が下がるかどうかは分かりません。Jリートについてはインカムゲイン投資家なので、投資価格に一喜一憂することなく愚直に分配金再投資を繰り返すだけです。Jリートを売却するのは、分配金利回りが大きく下がった時だけです。
ご参考まで。



*なお、上記の方法は自分の経験を述べたもので、これから必ず儲かるかどうかは分かりません。投資は自己責任でお願いします。


*モチベーション維持のため、ポチをお願いします。 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ 
にほんブログ村