米国株とJリートでFIRE

必見!FIREを目指す方。資産運用のノウハウ(たぶん有料級)を公開します。

1日1回どれか一つポチをお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

モテるクレジットカード・・・かも?

f:id:shiseikun:20211119211532p:plain

 FIREまで、あと97日です。

 さて、両学長 ルベラルアーツ大学で、「【経営者も愛用】モテる(かもしれないクレジットカード5選【経営者も愛用】」というテーマで、動画がアップされていました。

<モテる(かもしれない)クレジットカード ベスト5>

1位 アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
2位 *****
3位 JCB THE CLASS
4位 アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
5位 *****

 注) *****は両学長の動画を見てください。


この中で、私の思い出に残るカードとは?・・・というほどのものではありませんが(笑)

f:id:shiseikun:20211123212135p:plain


1.JCB THE CLASS

 実は、私はこのカードを保有しています。
しかし、JCBからインビテーションが来た時は、全然、お金持ちではありませんでした。なぜ、インビテーションが来たかというと、当時は仕事の関係で多い時は2~3回/月の頻度で海外に行っていました。それに関係する旅費、経費をすべてカードで精算していたために、毎月の支払いが数十万円となり、それを2~3年継続しているとインビテーションが来たということです。
インビテーションが来ると、すぐに手続きをして、JCB THE BLACKを入手しました。それはなぜか?

・・・?

 若い方は知らないかもしれませんが、2000年の初めに台湾・中国でSARSという感染症が大流行しました。今のコロナの流行初期と同様に、一度病気にかかると治療法がなく、多くの死者を出していました。
 その当時、私が勤めている会社(当社)はお客様が台湾・中国に多かったことから、他の日本メーカが台湾・中国を渡航禁止に指定している中で、当社は「気を付けて行くように」という注意喚起だけで渡航を許可していました。その時は、若い組合員に海外出張をさせるのはかわいそうだということで、管理職である私が代りに出張しましたが、空港・機内はゴーストタウンのようで生きた心地がしませんでした。
 そのため、JCB THE BLACKは、海外旅行中死亡保障が2億円と、一般のゴールド・カードの倍であったことから、JCB THE BLACKのインビテーションが来るとすぐに手続きをしたということです。もちろん、家族のためです。
(不謹慎な発言ですが、戦時中、戦地に赴かれた方の気持ちが少しわかった気がしたものです。)

当時のことを忘れないように、今でもJCB THE BLACKを保有していますが、楽天カードのほうが使い勝手がいいですね(笑)。

また、JCB THE BLACKを持っていても、モテません(再笑)


f:id:shiseikun:20211123214953p:plain


2.アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

 数年前にインビテーションが来ました。ものすごく良い特典が列挙されていましたが、入会金と年会費で合計100万円位かかったので、「バカヤロウ!」と叫んで、ゴミ箱に捨てました(笑)。

 現在、入会金 50万円、年会費 35万円(共に税抜き)なので、カード1枚にこのぐらいのお金が使えるお金持ちの方であれば、カードを持っていなくてもモテるでしょうね(笑)


f:id:shiseikun:20211123215438p:plain


3.アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

 実は、先日、案内状が送られてきました。インビテーションでは、もうないのですね。こちらは、年会費が14.3万円とリーゾナブルなので、丁重に廃棄しました(笑)

 

 

・・・「至誠さん、いろんな思い出があるんだね!」

・・・「歳をとっているから、ネタはいっぱいあるんだよ (^^; 」

 


ご参考まで。

 

モチベーション維持のため、どれか一つポチをお願いします。 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

*なお、上記の方法は自分の経験を述べたもので、これから必ず儲かるかどうかは分かりません。投資は自己責任でお願いします。