1日1回バナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

至誠くん、田舎に家を新築できなくなりました!?(3)

f:id:shiseikun:20220312102611p:plain


 今回は、両親の面倒を見るために、田舎の実家のそばに家を新築しようとしたら、親父から手のひら返しの反対にあい、計画がとん挫したシリーズの3回目です(添付参照)
皆さんも、60歳前後になると共通して抱える悩みの一つになると思うので、興味のある方は一読してください。


<参考>


ー--上記1,2の続きです。---


 親父には、状況も確認する意味で何回かTELしましたが、家の新築の話になると、親父がすぐに電話を切る状況が続きました。

 そこで、家内と話をして、①今までの経緯、②私たちの気持ち(真意)、③親父の誤解、④今後の展開(ケースに分けて説明)、⑤家内の実家が途絶えた理由、などを二人で文書にまとめ、親父に文書で説明することにしました。
そして、近くの温泉で合宿を行い、文書のチェック、説明の担当決め・予行演習を行いました(笑)

お恥ずかしながら、今回ほど家内と真剣に会話したのは初めてでした(再笑)
また、家内のほうが、田舎に帰る気持ち強いことを初めて知りました(汗)


 そして、次の日に、無理やり帰省しました。

親父との会話は、2日間(のべ5~6時間)に及びました。 
時に親父とは怒鳴りあいとなりましたが、家内が仲裁に入り、何とか話し合いは継続しました。

親父の気持ちが変わったのは、夕食後に、親父と家内とが2人きりで話をしてからです。
家内から親父に、
①私たちは、夫の退職後、田舎に帰る予定にしていた、
②私たちは、田舎に帰って親孝行をしたい、
③私たちが田舎に帰り、夫の事業が拡大すれば、息子も田舎に帰ってくる可能性がある、
④このまま、私たちが田舎に帰らなければ、家もお墓も朽ち果てていく、
⑤代々続く「至誠家」の地で「至誠家」が途絶えてしまう、そうすればご先祖様に申し訳ない、
と、訥々と話をしました。
特に、親父には「⑤ご先祖様に申し訳ない」という点が一番心に響き、親父の気持ちが変わったようです。

 家内の強い気持ちのお陰で、漸く事態が好転し、いろいろ条件がでましたが、田舎に家を新築する許可がでました。

 私がよく知っている普通の家庭であれば、息子夫婦が田舎に帰ってくることになれば、両親は喜んで迎え、場合によっては家も新築してあげるというケースが多いと思われます。「至誠家」は全く逆ですね(笑)
私としては、まだ、親父の気持ちは良く分かりませんが、家内には大いに感謝しています!

そして、親父の気持ちが変わらないうちに、「建物建築承諾書」にサインと印鑑を貰い、早々に実家を退散しました。

「建物建築承諾書」が無いと、家を新築するための測量・調査もできないので、これでとりあえず、一歩前進です。

ただ、まだ揉めていることはあるのですが、長文になりましたので、次回に持ち越したいと思います。

ご参考まで。




・・・「至誠さん、良かったね!」

・・・「 今後も親父の『手のひらがえしがあるかもしれないので、安心できないよ (-_-;)」



*1日1回バナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

*なお、上記の方法は自分の経験を述べたもので、これから必ず儲かるかどうかは分かりません。投資は自己責任でお願いします。