米国株とJリートでFIRE

必見!FIREを目指す方。資産運用のノウハウ(たぶん有料級)を公開します。

1日1回どれか一つポチをお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

息子、孫への株式贈与が完了。まだの人は急いで!

f:id:shiseikun:20210815005257p:plain

 FIREまで、あと51日です。

 さて、2021年11月に、息子夫婦と初孫に会いに北陸に行ったのは過去に報告したとおりです(添付リンク参照)。
その時のお土産が、株式の贈与契約書でした(笑)

「となりの億万長者」によると、子供に現金をあげると子供の成長によくないとのこと。そこで、我が家では、息子、孫に株式を贈与しています。

 2021年12月13日に楽天証券へ移管依頼書、贈与契約書を送付し、手続きは完了。移管希望日を2022年1月5日にしていました。

 ところが、私の楽天証券の個人口座を確認した結果では、1月5日16時を過ぎても、息子には贈与が完了しているのですが、孫には贈与ができていない状態でした。

そのため、急いで、楽天証券にTELすると、「カスタマーサービスセンターでは分からないので、
明日10時にTELさせてください。理由は、朝一に作業した場合、9時までに手続きが終わらない可能性があるから。」とのことでした。

その後、1月5日の深夜に、私の楽天証券の個人口座にて孫の移管手続きも完了したことを確認!!!。

翌日1月6日、予定より早く9時に楽天証券からTELがあり、
「機械処理のスピードの差で、移管に時間差が生じましたが、どちらも1月5日に処理を完了しています」とのこと。
「???」と感じましたが、こちらはクレーマーではないので、「ご苦労様でした」と言って、一件落着(笑)

今回得た教訓は、疑問点等あれば、すぐに証券会社に問い合わせたほうがよいということです。
(トラブルを未然に防止できます。ただし、電話がオペレータにつながるまでに15分かかりましたが、何事も我慢です(笑))

 なお、税制改正(改悪?)で、非課税となる毎年110万円以下の贈与が、来年4月以降はできなくなる(課税対象となる)見通しです。
皆さんも、非課税枠で贈与をする場合は、早めにアクションをとることをお勧めします。


ご参考まで。


<参考>




・・・「至誠さん、岸田首相によって日本の社会主義化が進んでいるように感じるんだけど!」

・・・「困ったもんだね。大蔵省の官僚の意見だけ聞いているのかもしれないね!」



ご参考まで。

 

 

*モチベーション維持のため、どれか一つポチをお願いします。 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

*なお、上記の方法は自分の経験を述べたもので、これから必ず儲かるかどうかは分かりません。投資は自己責任でお願いします。