1日1回バナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

2022年2月の資産の状況。良い時も悪い時も成績公開。

f:id:shiseikun:20210925111453p:plain

 昨日の「会社生活最後の出勤日です。皆様に感謝!」の投稿に、多数のスター、ブックマーク、慰労・激励のコメントなどを頂きまして誠にありがとうございます。
読者の皆様に感謝すると共に、地道にブログを続けてきて良かったなと素直に喜んでいます。
そして、今日から、ようやく自由の身となり、好きなことだけして生きていければと思っています。

 さて、このブログでは、私の
資産運用のノウハウを公開しています。
少しでも皆さんの参考にしてもらえればと考えており、私なりの社会貢献のつもりです。そのため、良い時も悪い時も私の投資成績を定期公開します。

*以下のデータは、私の資産運用会社と個人の金融資産を合わせたものです。

1.アセットアロケーション。 

 FIRE後の基本的な投資方針は、
①J-REIT+インフラファンド(お金のなる木)の分配金で元本を減らすことなく生活しながら、②米国S&P500インデックスなどのホットケ投資(キャピタルゲイン)で資産を大きくする、というバーベル戦略に変更しています。

アセットアロケーションは、当然、投資方針に基づいたものになっています。

f:id:shiseikun:20220227030015p:plain


 図.1 アセットアロケーション(2021年2月)


2.資産の推移。

 私の資産の推移を表したものが、図.2です。
昨年末のピークから比べると、世界同時株安、岸田ショック、ウクライナ危機などで、資産の7.5%程度が溶けてしまいました。
(金額換算で、約1,500万円です(笑))

しかし、J-REIT+インフラファンドの分配金はほとんど変わっていないので、私にとっては何の問題もありません。
地道に、米国S&P500インデックスの回復を待てばいいだけです。

f:id:shiseikun:20220227031306p:plain

 図.5 資産の推移(対VOO、VOO 60%・BND 40%)



3.今後の予定。

・Jリート、インフラファンドは、どちらも収益源が安定しており、ある程度長期にわたっての業績が予測できます。分配金の大きな減額等は無いので、投資方針は変えません。

・米国株・投資信託(米国株インデックス)については、米ドルが世界の基軸通貨である限り、米国は成長し、同時に、米国株インデックスも多少の上下はあっても上昇し続けると考えています。したがって、こちらも投資方針を変えません。

したがって、引き続き、目先の株価に一喜一憂することなく、投資方針を堅持していきたいと思います。

ご参考まで。



・・・「至誠さん、『岸り人』が増えて来たね!」

・・・「・・・(-_-;) 」




*1日1回、ポチをお願いします。 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 
*なお、上記の方法は自分の経験を述べたもので、これから必ず儲かるかどうかは分かりません。投資は自己責任でお願いします。