1日1回バナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ゴールドマン・サックスは、年末にかけてS&P500が10%上昇と見込む!

f:id:shiseikun:20220315185802p:plain


 本日はブルームバーグの「ゴールドマン・サックス・グループは、S&P500のターゲットを再び引き下げ!」という記事についてです。
ブルームバーグ日本語版にも同じ記事が掲載されていましたが、なぜか後半部分が省略されていました。
米国株投資家の皆さんんはとても参考になると思われるので、全文掲載します。
なお、日本語版で省略されているのは、下記の記事の赤字の部分です。


いつものように、Yahooファイナンスの記事を下記しますので、読んでみてください。

 

Yahooファイナンス 2022/3/13

「ゴールドマン・サックス・グループは、S&P500のターゲットを再び引き下げ!」

(ブルームバーグ)
ゴールドマン・サックス・グループのストラテジストは、S&P500インデックスの目標を引き下げました。これは、ひと月に2回目となります。
ロシアのウクライナ侵攻に伴う世界的な商品の供給混乱が米国株式相場の一段の重しとなり、今年は前年末を若干下回って終了すると見込んでいます。

「S&P500の収益に対するリスクが大きいのは、商品価格の上昇、ひいては消費者の需要と経済成長の弱さによるもの」と、DavidKostinが率いるストラテジストは顧客へのレポートに書いています。
彼らは、主要なS&P500インデックスの年末予測を、以前の4,900から4,700に引き下げました。
彼らは、現在、2022年の1株当たり利益が年間5%増の221ドルになると予想しています。
これは、以前の見積もりであった8%増の226ドルから減少しています。

ゴールドマンのS&P500インデックスの年末目標である5,100ポイントは、先月、FRBがインフレの急増を抑えるために以前に予想されていたよりも積極的に政策を強化しなければならないという懸念から、引き下げられました。
ウクライナへの侵攻により、世界の主要な資源国の1つであるロシアに対する制裁の波が、物価上昇圧力を増価させ、S&P500インデックスの売却は激化しました。

ゴールドマンの修正された目標は、現在のレベルからまだ10%上昇していることを意味します。
しかし、通年ベースでは、見通しは米国株のリターンがわずかにマイナスであることを示唆しており、株式が連続記録に上昇した2021年の猛烈な上昇とはかけ離れています。

また、来年に最大35%の景気後退の可能性があると見ているため、最悪の事態はまだ来ていない可能性があります。
現在、景気後退のリスクは、部分的に反映されているレベルです。
下振れシナリオでは、収益の減少により、S&P500が15%減少して3,600になると予想されており、
投資家は嵐を乗り切るために、エネルギーおよびヘルスケアセクターをオーバーウェイトすることを推奨しています。


<参考>




皆さん、いかがでしょうか?



現在、米国株投資家は株価下落により悲嘆にくれた状況だと思いますが、
ゴールドマン・サックス・グループは、年末にかけて、S&P500インデックスは10%上昇すると見ています。

また、3月15日のブルームバーグ日本語版では、JPモルガンが機関投資家のリバランスにより、世界の株式相場は最大10%上昇しうるとの記事もありました。


これは、米国株投資家にとっては朗報ではないでしょうか?

(なお、それ以降の見通しについては、誰も分からないと思うので、無視するのが無難ですね(笑))

ご参考まで。



・・・「至誠さん、ブルームバーグも日本語版だけを見てちゃだめだね

・・・「そのとおりだよ(-_-;) 」



*1日1回バナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

*なお、上記の方法は自分の経験を述べたもので、これから必ず儲かるかどうかは分かりません。投資は自己責任でお願いします。