1日1回バナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

今更ですが、同じ籠に卵を盛ってはいけません!(厚切りジェイソンさん考)


 皆さん、こんにちは!

 さて、今更ですが、同じ籠に卵を盛ってはいけないという話をさせてください。

私は、①J-REIT+インフラファンド(お金のなる木)の分配金で元本を減らすことなく生活しながら、②米国S&P500インデックスなどのホットケ投資(キャピタルゲイン)で資産を大きくする、というバーベル戦略を採用しています。


図.1に、この2カ月の私の資産運用会社の法人口座(マネックス証券)の資産の推移を示しますが、順調に減少しています(笑)

 図.1 最近の法人口座の資産の推移


ここ約2カ月で資産が最大だった4月5日と、5月13日の資産内容を比較したのが、表.1です。
投資信託(①eMAXIS SLIM(S&P500)、②iFreeNEXT NASDAQ100、③eMAXIS SLIM(全世界株式))が大きく減少していますが、
国内株式、Jリート、インフラファンドが健闘してくれたおかげで、ー4.2%の減少で止まっています。


 表.1 法人口座の資産内容



 次に、図.2にここ約2カ月の米国ETFであるVTI(全米株式)の株価の推移を示しますが、急激に下降していることが分かります。

 図.2 VTIの株価推移


そして、私の資産と比較するために、VTIの4月5日と、5月13日の株価を比較したものが、表.2です。
VTIの株価の下落はー10.59%となっており、私の法人口座の資産の2.5倍の下落率となっています!

 表.2 VTIの株価比較

*VTIは米ドル(US$)なので日本円(JPY)に換算すると、下落率はもう少し小さくなりますが。



ここで、勘のいい皆さんは、私が何を言いたいのかが分かったと思います。



・・・???



 そうです。厚切りジェイソンさんのツイッターが炎上し、全消去された話です。

彼は、①3ヶ月分の生活費を確保した後、②残りを米国株ETFであるVTIに投資しなさい、と指導しています。


このブログを読まれている金融知識の豊富な方は、この方法は資産を築くための王道の一つであるとご存じですね!

バフェットおじいちゃんも、奥さんに対し、「自分が死んだ時は、10%を短期国債に投資し、残りをS&P500(米国株)に投資するように」と言っているぐらいですからね!


ただし、これらの方法は重大な欠陥があります。


 私も、若い頃(?)、バフェットおじいちゃんの方法を試してみたことがありますが、S&P500といえども株価変動が大きく、そのために我慢ができず、早々に分散投資に切り替えた記憶があります。

今から考えると、厚切りジェイソンさん、バフェットおじいちゃんの方法は、

①ある一定以上の資産を既に蓄えているか、または、保有するETFにある程度の含み益がのっており、
②米国株式に関する知識を有しており、
③アメリカの永続的な発展を確信している人でなければ、
今回のような株価の急落にメンタルが耐えられないと思います。


そのあたりの丁寧な説明が、厚切りジェイソンさん、マスコミ、出版社に欠けていたのが、今回の騒動の一つの原因だったのでは?と考えています。
これはあくまで私見ですが。


したがって、

私は、皆さんには分散投資をお勧めします。

ご参考まで。




・・・「至誠さん、他人を妄信して投資するのは危ないね!」

・・・「そして、結果も自己責任だよ(-_-;)
 」




*1日1回バナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

*なお、上記の方法は自分の経験を述べたもので、これから必ず儲かるかどうかは分かりません。投資は自己責任でお願いします。