1日1回バナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ポートフォリオと投資方針(Jリート編)

f:id:shiseikun:20220126180507p:plain

 FIREまで、あと33日です。

 さて、米国株式は連日ジェットコースターのような上下動を繰り返しながら、下落しており、まだ底が見えない状態です。日本株も同様です。

しかし、Jリート、およびインフラファンドはようやく底が見えてきたようなので、この機会に、私の資産運用会社のポートフォリオと投資方針を明確にしておきたいと思います。今回は、Jリートについて報告します。


1.Jリートのポートフォリオ。

 ポートフォリオを表.1に示します。10銘柄(時価評価額 約38百万円)を保有しています。

 表.1 ポートフォリオ(Jリート)

        銘柄名 銘柄コード 時価評価額 評価損益
ヒューリックリート投資法人  3295  3,730,600  685,009
積水ハウス・リート投資法人  3309  3,474,000  284,175
野村不動産マスターファンド投資法人  3462  3,282,400    50,182
ジャパンリアルエステイト投資法人  8952  3,065,000  205,290
日本都市ファンド投資法人  8953  6,368,700  913,353
オリックス不動産投資法人  8954  3,246,000  311,200
NTT都市開発リート投資法人  8956  3,827,200  809,614
東急リアル・エステート投資法人  8957  3,692,000  698,180
グローバル・ワン不動産投資法人  8958  3,428,600  302,312
ケネディクス・オフィス投資法人  8972  3,972,000  408,426
         小計     38,086,500  4,667,741

 

2.東証リート指数

 2021年11月1日~2022年1月25日の東証リート指数のチャートを図.1に示します。
このチャートを見る限り、2022年1月20日に東証リート指数が1839になった時点で反転しているので、ここが底と思われます。

f:id:shiseikun:20220126175955p:plain

  図.1 東証リート指数 チャート(JPX)


 過去のブログにて、ニッセイ基礎研の岩佐氏は「不動産価格自体はなお底堅く、REIT指数が1850を割り込んで一段と下値を追う展開は考えにくい」と今後の回復を見込んでいると書きましたが、そのとおりになりましたね!

<参考>


3.私の投資方針。

 私は、コロナショックの2~3か月後に思い切ってJリートを買い増していったお陰で、ポートフォリオ(表.1)を見れば分かるとおり、Jリートの含み益は多くあります。
そのため、これからJリートを大きく買い増していくことは、平均購入価格を上げていくことになるので、望ましいとは思えません。


 したがって、Jリートの底は見えたと思われますが、Jリートを購入する場合でも分配金の範囲内で行いたいと思います。



ご参考まで。




・・・「至誠さん、このままJリートが上昇してくれるといいけどね!」

・・・「しばらくは上下動を繰り返すんじゃないかな?」

 




モチベーション維持のため、どれか一つポチをお願いします。 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

*なお、上記の方法は自分の経験を述べたもので、これから必ず儲かるかどうかは分かりません。投資は自己責任でお願いします。